高齢ペットの安全に関する注意点

大多数のペットにとって、適切な方法を使用すれば、関節運動とストレッチは非常に安全で効果的なペットケアになります。

あなたのペットの身体的評価は、運動プログラムを開始する前に、かかりつけ獣医師の指導に従ってください。

あなたのペットが次の医療上の問題のいずれかを持っている場合、または医学的な問題を抱えている可能性があると思われる場合は、ペットを強く伸ばしたりしないでください。

獣医師の適切な評価を受けた場合は、老齢ペットの身体の状態に合わせた運動プログラムを学べる専門家の元でペットの身体のことを学ぶ必要があります。

禁忌事項

痛み

椎間板疾患などの神経学的診断

股関節/肘異形成

頭蓋十字傷害

膝蓋骨脱臼

急性傷害

上記の疾患が疑われる老齢ペットの場合は安全のために、専門家にお任せすることをお勧めします。

あなたの健康な老齢ペットの個人的なケアのための知識を提供します。

参考にして見てください。

筋力トレーニング

筋力トレーニングは筋肉に力を入れさせることで、身体が完全な機能を果たすことを指します。

ほとんどの老齢ペットにとって、筋力を必要とする活動は、通常、床から立ったり、歩いたり、走ったり、車の中を出たり入ったりするなどの機能的な活動です。

これらの活動を行うのに必要な筋力を維持するために、3つのエクササイズをお勧めします。

1番目のエクササイズは、障害物を踏み越え、関節を動きの有効範囲で動かし、筋肉を温め、関節を滑らかにします。

2番目のエクササイズは、バランスディスク上の前足で、老齢ペットを床から立って動かすことができる筋肉を強化することに取り組んでいきます – 中核筋肉と後肢伸筋です。

3番目のエクササイズでは、老齢ペットが積極的に臀部を伸ばすことができる位置で、階段登りなどの機能的な運動に必要な動作範囲を取り入れます。

これらの姿勢筋群の強化練習を開始するときは、徐々に回数を増やし適応期間を設けることが老齢ペットの身体にストレスを与えない方法です。

目安として最大5回から10回の反復運動を完了することが推奨されています。

エクササイズをして心拍数を上げることは筋肉温度の上昇もにつながり、老齢ペットが不得手とする体温調整機構を活発化させます。

そのためには使用する場所や器具(バランスボール等)の使い方を学ぶ必要がありますが、あなたの老齢ペットも同じことです。

バランスディスクの上や段差を自分の意思で足を踏み入れる時間が必要です。

そのためには最高の動機(ご褒美)が必要です。

リハビリ・ジムでは、老齢ペットが初めてエクササイズを学ぶ時に、セラピストは老齢ペットを応援する際、使用する器具に踏み込むように誘惑します。

「大丈夫、できるよ!怖くないよ!美味しいおやつだよ! 

根気を持って、このプロセスを行うことで、挑戦的な課題を完了できるようになります。

そして、このエクササイズが本当に楽しいと思うようになれば、おいしいオヤツを見せることで、ペット達は再びそれを挑戦する可能性が高くなります。

ペットたちがエクササイズを学んでいるとき、あなたのペットに注意深く観察し応援してあげることが、また重要です。

仮にペットたちが拒否をしたなら、再度、初めから根気よく誘惑してください。

何度、挑戦しても拒否反応を見せるのであれば、専門のリハビリテーションセラピストに相談し、あなたの老齢ペットに合った練習を教えてもらう必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。